設立の背景

日本の医療技術は、世界的にもトップレベルですが、その恩恵を受けるのは日本国内の人々に限られてきました。しかし、インターネットなどの通信技術の発達によって、海外でも広く日本の医療技術が詳細に知られるようになり、病気をきっかけに、日本の高度先端医療を知り、治療を受けたいと望んでいる方が増加してきました。

また、日本の国際化に伴って、日本に住んでいる外国人の方も増えてきています。外国人の方が日本の医療機関を受診する上で一番問題になるのは、やはり言葉の壁です。しかし、その外国人の方が住んでいる地域の医療機関だけではうまく言葉(通訳)の問題を解決することは難しいこともあるでしょう。

さらに近年は、仕事や留学等で海外に長期滞在する日本人も増えてきています。そのような方が海外で大けがをしたり、病気になったり、「早く日本で治療を受けたい」と思う時に、どこの医療機関に問い合わせて、どのような手続きを行えばよいかが分からない方も多いのではないでしょうか。

このような問題に対して、十分な手助けができる体制はいまだ不十分です。少しでもこのような問題を解決するための手助けとなりたい、このような目的からこのネットワークが設立されることとなりました。

 

国際診療支援センター(国立大学病院 国際医療連携ネットワーク事務局)